Age of Empire

【AOCHD】初心者向け「前衛弓」での勝ち方

前衛弓

AOCプレイヤーで「前衛が苦手…。」という方を良くみますが、逆に考えれば相手も前衛を苦手にしていることが多いです。つまり、ある程度覚えさえすれば勝ちやすいポジションと言えると思います。

今回は前衛で射手を生産し攻める戦法、通称:前衛弓について解説してみたいと思います。

 

Phase.1  進化方法について

極めだすとどこまでも奥が深いのが暗黒内政です。

弓の基本とされる進化人数は23人(町の人22+斥候1)での進化ですが、暗黒の時代の内政が強い文明(例:ブリトン、日本、ペルシア)でない場合かなり資源がカツカツです。

そこで基本の数から1人増やした24人での進化をここでは勧めようと思います。

よく初心者の方に教えるときの暗黒の時代の内政手順を紹介します。

領主の時代進化手順

【1】初期配置の町の人3人で家を2件建てる。(人口上限5⇒15)

【2】斥候は町の中心の周りをぐるっと回って視界を取り羊4頭、2頭、2頭の計8頭野豚2頭を探す。

【3】4羊を町の中心の敷地内で食べる。

【4】人口表示が7人目までの最初の6人の町の人で羊の肉をとる。

【5】8人目から11人目までの4人は近くの森に旗を建て、伐採所を建築して木こりをさせる。

【6】人口11人目の町の人が生産されたら町の中心のテクノロジー、機織りを入れる。

【7】人口12人目の町の人は野豚の近くに家を建てる。(人口上限15⇒20)

【8】建造が終わったら野豚を右クリック、矢を2発撃ったのを確認したら町の中心のそばを右クリックして野豚を町の中心のそばまで引き寄せる。

【9】町の中心の近くにいる町の人を使い野豚を攻撃して倒す。この時、なるべく町の中心の下で倒すように心がける。

【10】13人目~16人目の町の人4人を野いちごの収穫へ。近くに粉引き所を建てる。また粉引き所の建設が終わったら野豚を引き寄せて体力の減った町の人で畑を建造するとGood。

【11】野豚の肉の残量が160~180ぐらいになったら次の野豚を引き寄せにいく。

【12】これ以降領主の時代へ進化するための食料500が溜まるまでに生産される町の人は町の中心の近くで羊や野豚の肉をとらせる。

【13】進化用の食料500が溜まったら金鉱に4人を送り採掘所を建て、体力の減ってない町の人は2つ目の伐採所の建造に向かわせる。

【14】食料が500溜まり、人口が24になったら町の中心より領主の時代への進化ボタンを押す。

 

とまあ、文章で書くとごっちゃになるので動画をご覧ください。あまりキレイではないですが、実戦でこれだけ安定してできれば問題はないでしょう。

 

内政のポイント

正直丸暗記しても実戦だと「相手の介入」であるとか、「地形が良くない」とかで都合よくできないことも多々あります。

ここで前衛弓戦術をする上で抑えておきたいことを紹介しておきます。

 

1.畑を貼りすぎない

野豚2頭、羊6頭を確保し、野いちごを4人で収穫していれば実際は畑を貼らなくとも領主の時代へ進化できますので、肉が不足するのを埋めるために畑を貼りすぎるのは絶対に避けましょう。

畑は木を60も使うため貼りすぎると領主の時代に入ってから木が不足し、前衛弓戦法においてもっとも重要である初弾の着弾が遅れます。初弾の遅れが戦局に大きな影響を与えることもあります。

 

野豚を相手プレイヤーに取られる、羊がどうしても見つからないなど、領主の時代にはいる食料すら確保できない場合は仕方ないです。その場合は気付いた時点で畑を貼りましょう。畑の食料回収速度はかなり遅いので、慌てて進化直前に貼っても食料は回収できません。

 

2.進化ボタンを押したら町の人を食料から剥がす

射手の生産には食料を使いません。(木:25、金:45)

進化中~進化直後に必要な資源は戦士育成所の建造(木:175)射手育成所の建造×2(木:350)、伐採の作業効率を上げる両刃斧(食料:100、木:50)、そして町の人の生産用の食料があれば十分です。

見ていただいたらわかるように、必要資源が特に木に偏っています。

前衛弓がうまくいかない方の内政を見ると領主の時代への進化用食料が溜まったあとも食料を回収し続けた結果、領主の時代で木が足りず肉過多になっているというケースが多いです。注意しましょう。

なお、領主の時代に入り射手育成所と鉄工所の建造まで終わると今度は城主の時代への進化準備のために大量に食料が必要になったりします。タイミングごとの必要な資源を把握し、それにあった内政が出来るようになれば内政に関しては脱初心者と言っても過言ではないでしょう。

 

Phase.2 攻め方について

内政は重要です。重要ですが、正直な話をしますと攻め方さえある程度形になっていれば勝てます。

慣れによる感覚的な部分も含むため教えづらい部分ではあるのですがご容赦ください。

攻めの経路の候補

haiti

マップによって色々あるとは思いますが簡略化して、マップの外側(マップ端側)、正面突破、マップの内側の3種類にわけて考えます。

 

マップの外側(マップ端側)ルート

基本的にマップ端側は柵などで囲うことが多いです。

いざ攻めて柵をされていた場合に致命的な時間のロスになりますので、事前に斥候で通れることを確認できていない場合はやめましょう。

なお、相手が柵をしていなかった場合はチャンスです。もし相手がこのルートの視界を取れておらず気づいていない場合は相手に致命的な内政ダメージを与えられることもあります。

 

正面突破ルート

正面突破だと素早く相手陣地へ兵を送りことができますが、待つ相手のほうが兵の量が多いです。

運良く同数でぶつけられたとしても五分五分の戦果程度しか出ないためあまりオススメできません。

正面突破をする場合は、相手が大きな内政ミスをしてるのが確認できてからにしましょう。そのために相手の領主の時代への進化ログは見逃さないように。相手の内政ミスが分かれば大勝のチャンスです。

 

マップ内側ルート

私がオススメなのはこのルートです。

このルートの良いところはコースを色々選びやすいところです。

utigawa

柵にしても家にしても資源と時間を使って建造することになるため、陣地後方まで完璧に囲われていない場合もあります。

囲いの優先順位は陣地前方、陣地側面、陣地後方という順序で囲っていくのが一般的であるため、相手陣地の後方まで周り込めば陣地内に入りこめることが多いです。

 

射手は対面の相手にいくだけでなく、後衛に流すのも効果的です。後衛の騎士の量は前衛同士、ひいてはサイドの勝ち負けを大きく左右するため、対面前衛が全面を囲って亀のように縮こまるようなら後衛に流して大ダメージを与えてやりましょう!

仮に全面を囲っていなくても相手としては流されては後々面倒なことになるため受け身になってくれることもあります。このゲームは基本的には攻めたほうが有利なゲームです。主導権を握りましょう。

 

あとがき

とりあえずここで一旦区切り。また時間があるときに補足など書こうと思います。

長年やっていたため手癖でやってる部分も多く、初心者の方が何を知りたいかがよくわかっていない部分もあります。わからないことがあったらお気軽にお尋ね下さいませ。

Twitter:@haklylol

 

ABOUT ME
hakly-teemo
ミスター・ゲーム脳。ゲーム攻略・北九州市内を食べ歩き・Amazonレビュー等がメインコンテンツになっていきます。 食レポ・レビューなど、依頼ございましたら「capt4in.teem02@gmail.com(@は半角で)」までご連絡下さいませ。