Age of Empire

【AOCHD/文明考察】ペルシア

文明考察ペルシア

「ゲーム開始時の木と食料の保有量+50」のおかげでかなり安定した暗黒の時代が出来るペルシア。ユニークユニットの「ELエレファント」は生産できる近接ユニットの中では最強の性能を誇ります。

矛槍兵+攻城兵器(破城槌、投石機)という組み合わせに弱いという弱点はあるものの、高い内政力から繰り出される騎士は強力。プレイ率の高い文明です。

 

チームボーナス

射手に対する騎士の攻撃力 +2

前衛を攻める際に光るチームボーナスです。鉄工所のテクノロジー次第ですが、倒すのにかかる攻撃の回数が変わります。

即騎士という戦法で射手ユニットを相手取ることは極めて多いため、無駄になることは少ないボーナスといえると思います。

文明ボーナス

ゲーム開始時の木と食料の保有量 +50

デフォルトのアラビアなど、難易度の高いマップだと内政事故が起こりやすいのが暗黒の時代ですが、このボーナスがあればよほどのことがない限り出足でコケることはないです。

単純に資源が多いため、民兵や21弓(人口21で領主の時代に進化して弓を出す戦法)等の内政難度の高い戦法もくりだしやすいでしょう。

 

町の中心と港のヒットポイント 2倍

通常、町の中心のHPは2400ですが、このボーナスにより4800になります。

ペルシアの町の中心を城主の時代中に破壊するのはコストパフォーマンスが極めて悪いため、よほど大敗を喫してない限りは城主の時代中に町の中心を割られることがないです。

一応このボーナスを活かした「TCR(町の中心を暗黒の時代中に相手の町の中心の横に建て直す戦法)」なんていうB級戦法もあったりしますが、実践するのはこのゲームをかなりやりこんでからにしましょう。

 

町の中心と港の作業速度向上

町の中心の作業速度(町の人の生産速度、テクノロジーの研究速度)が領主の時代+10%、城主の時代+15%、帝王の時代+20%はやくなります。

内政拡大が早く、相手と全く同じ内政をしても進化時間が早くなるため超強力なボーナスといえるでしょう。

注意点としては、町の人の生産が早いため他の文明と同じように常に町の人を生産しようとすると肉の消費量が多くなりユニット生産などに響くためうまく調整しましょう。

 

各時代ごとの戦術など

暗黒の時代~領主の時代

戦闘ユニット評価

  • 民兵(暗黒の時代):◎ (内政安定)
  • 射手(領主の時代):◎ (射手にボーナスはないが、安定)
  • 散兵(領主の時代):○ (低難易度のマップだと弱い)
  • 軍兵(領主の時代):◎ (資源ボーナスで早い進化が楽)
  • 槍兵(領主の時代):△ (散兵のお供に)
  • 斥候(領主の時代):○ (後衛だと選択の余地有り。前衛ではイマイチ)

食料と木のボーナスはたった50ずつではありますが、暗黒~領主の時代初弾まではそのたった50ずつが勝負を分けることも多いです。

特にユニットそのものにボーナスはないですので、資源量を活かした速さや量で仕掛けていきましょう。

城主の時代

主な戦闘ユニット

  • 石弓射手:◎ (射手からのアップグレード。フランク同様大量生産は△)
  • 精鋭散兵:△ (射手に強いが騎士に弱すぎる)
  • 騎兵:△ (領主斥候からのアップグレードで一考の余地)
  • 騎士:◎ (主力ユニット。残れば重騎士へのアップグレードも)
  • らくだ騎兵:○ (騎士にタイマンで勝ててコストが安い。尤も弓を混ぜられると大敗するので出しすぎには注意)
  • 長槍兵:○ (相手の騎士が多い場合)
  • 長剣剣士:× (出番無し)
  • 破城槌:○ (城主の時代中に相手陣地を潰す際に)
  • 投石機:○ (対射手。相手に射程ユニットが残ってる場合は破城槌よりも有効)
  • スコーピオン:△ (対槍兵だと結構強い。ピンポイント登板)
  • エレファント:× (HP400台は強烈だが食料消費がエグすぎる)

基本的にはフランク同様騎士文明としての立ち回りになりますが、内政の伸びが良いので城主の時代中盤~後半にかけて軍事のピークを迎えるようにするのが強いと思います。

後衛は「即騎士」が安定です。一応「領主斥候」も強いですが、損益の判断が難しい点は注意です。

らくだ騎兵はうまく使えばかなり強いユニット。自陣に来る騎士をさばくのに使ったり、騎士に混ぜたりして運用します。

ただし遠隔攻撃、とりわけ町の中心には絶望的に弱いです。(何故か船属性持ちなので町の中心からボーナスダメージ有り)敵陣内での戦闘で使う際は細心の注意を払いましょう。

前衛は特にフランクとあまり変わりません。領主の時代に作った弓をアップグレードし、徐々に騎士に切り替えていくのが良いでしょう。

ペルシアならではのボーナスを活かすならば攻めの拠点に町の中心を建てるのは案外良いです。町の人を現地で供給できるようになるため前線を安定させやすく、相手は前線の町の中心を放置し辛いため結果的に自陣がやや安全になります。

 

帝王の時代

主な戦闘ユニット

  • 重騎士・近衛騎士: (主力ユニット。エレファントへ切り替えずに騎士だけで終わらせることも)
  • ハサー:◎ (金が尽きたときの水増しユニット。HP95まで上がるため使い勝手が良い)
  • 重装らくだ騎兵:◎ (騎士に対して更に強く。アップグレードコストも安いのでとりあえず研究だけはしておくのが吉)
  • 矛槍兵:◎ (使い捨てがきくので一点突破や防衛なら矛槍でも。らくだとの使い分けは機動力がいるか否か)
  • 長剣剣士:× (重剣士にすらならないので使い所はない)
  • 砲撃手:◎ (対矛槍兵。矛槍兵単体には強いが、やはり矛槍兵+攻城兵器という組み合わせは辛い)
  • 改良強化破城槌: (建物の破壊ならこれ。強化破城槌よりも遥かに優秀)
  • 改良投石機:△ (殆ど出す機会はない)
  • ヘビースコーピオン:△ (あまり出すことはないが、やはり矛槍兵には強い。足が遅いのが辛いところ)
  • 大砲:△ (包囲攻撃技術がないので射程が12止まり。基本的には改良強化破城槌で良い。向かい合っての攻城の場合は遠投投石機を)
  • ELエレファント:○ (通常プレイで出せるユニットの中では最強。ただしアップグレードコスト、生産コストもともに激重。長引くゲームの切り札に)
  • 遠投投石機:○ (包囲攻撃技術がないので射程は16止まりだが、対建物にはやはり優秀)

良くも悪くも騎士文明。とりわけペルシアは矛槍兵+攻城兵器の組み合わせの処理が難しいです。また、サラセンがELマムルークを安定して生産し始めると手も足もでなくなります。

基本的には帝王の時代序盤~中盤にゲームを決定付けておきたいです。帝王の時代後期はELエレファントという手段はあるものの、味方から資源が送られてこないと安定して生産するのは難しかったりします。

帝王の時代編成としてはやはり「重騎士・近衛騎士」を軸に敵陣を荒らし、改良強化破城槌でトドメを指す」王道スタイル。相手の槍兵を騎士の機動力で引っ掻き回す技術は騎士文明をやる上で必修です。槍兵をだす相手に騎士で真正面から攻めるのは愚策であることが多いです。なるべく避けましょう。

 

あとがき

騎士の基本が詰まっているので初心者から使いやすく、暗黒の資源量が多いのを活かした特殊戦法を含めるなら上級者でも十分使える文明です。強文明とするには足りない要素が多いですがバランスが良いので使いやすいと思います。

 

ABOUT ME
hakly-teemo
ミスター・ゲーム脳。ゲーム攻略・北九州市内を食べ歩き・Amazonレビュー等がメインコンテンツになっていきます。 食レポ・レビューなど、依頼ございましたら「capt4in.teem02@gmail.com(@は半角で)」までご連絡下さいませ。