アーキエイジ(MMO)

【ArcheAge3.5/金策】貯めたお金を運用しよう!資産運用の基本

サムネ-826運用

 

え?お金が貯められなくて装備や住宅が買えない?

 

ダメウーマン!

 

じゃあ質問です。

いつまでもお金を少額運用し続けますか?

 

お金は雪だるまと一緒!運用額が大きくなるほど膨らむペースは上がる!

「5000兆金欲しくない?」

DDYzrU3V0AARTVV

 

 

というわけでね。(?)

 

【ArcheAge】2017年決定版 金策の基本は金策である。

ガバガバサムネ用画像本当は誰にも教えたくない、アーキエイジ金策基本の「き」。今回の記事は「具体的な方法について」というよりもどちらかというと考え方です。つま…

 

こちらの記事でざっくりとした外形を書きましたが、恐らくあの記事では「今既に運用を行っている」、もしくは「してはいないけど考えてはいる」人にしかわかりにくいかなあと思いましたので、今回は具体的にアイテム名などを添えて書いていこうと思います。

アイテム取引のあるゲーム(MMO)ならどんなゲームでも通用する考え方だと思いますので、是非雰囲気だけでも掴んでいただければ幸いです。

 

価値の基準となるものを考える

私はアーキエイジというゲームでは以下3つのものが相場の基礎を形成していると思っています。

 

・お金

・労働力ポーション(極大)

・アイテム

 

これらは日々各プレイヤーの思惑やアップデート情報などの要素により価値が変動します。

それぞれ細かく考えていきましょう。

 

お金

ゲーム内マネーのことです。金鉱石の話ではありません。

数字は変動しないので一見価値の変動がないように見えますが、通常のアイテムや課金アイテムの相場変動にともなって相対的に価値が変動しています。

 

具体的に言うと、

取引されるアイテムの値段が高ければ高いほどゲーム内マネーの価値は下がり

取引されるアイテムの値段が低ければ低いほどゲーム内マネーの価値は上がっている

ということです。

 

現金(リアルマネー)と強く相関関係があり、プレイヤーが課金売りを多く行う月末~月始めに相対的にゲーム内マネーの価値が上がりやすいです。(トレジャーボックス販売が月末設定されているのとも関係)

逆に月の中旬は供給が減るので相対的に下がるとも言えるでしょう。

 

労働力ポーション(極大)

アーキエイジにおいて労働力というパラメータはゲーム内マネーと双璧を成す価値があると思います。

時間経過・ゲーム内要素(熟眠・イベント)で手に入る量には限度がありますので、それを超えて労働力を使うならばこのアイテムが必須です。

 

労働力を課金で得る手段は多々ありますし、課金アイテムを換金する方法は他にもありますが、このアイテムが価値の基準とする理由は課金プレイヤーが現金をゲーム内マネーに変換するのに最も手軽な手段の一つだからです。(使用量や取引量が多い)

ゲーム内マネーと現金(リアルマネー)の取引相場は短期間ではそこまで大きく変わることがなく、1本あたりの価格変動が後述するアイテムよりも穏やかであることが多い(※)のでゲーム内マネーの変換先としては比較的安全です。

 

(※…半額セールや夏・冬に発売される2500ジュエルボックスにより暴落するので、短期運用で利鞘を出す場合以外は暴落のタイミングを狙って買いましょう)

 

アイテム

ゲーム内で手に入るアイテムです。個別解説すると膨大な分量になるのでざっくりと分けて考えましょう。

 

ここでは取引量がある程度わかりやすい

・労働力消費で手に入るアイテム(鉱石・作物など)

・狩りで直接手に入るアイテム(未加工な合成石の結晶など)

・トレジャーボックスの景品(装備強化系アイテム)

・トレジャーボックスの大当たり景品(ビタリスの翼・ヴォルフガンB200など)

で分けて考えます。

 

労働力消費で手に入るアイテム

これは読んで字のごとく労働力ポーション(極大)の相場と強い相関関係にあります。

基本的に労働力ポーションの相場変動が小さい上に、労働力ポーションほど大きな資産を捌きにくいので転売には向きません。

熟練度上げのついでに行ったり、逆に熟練度を上げきってから労働力の変換先として金策に用いるならば比較的安定して利鞘を取れると思います。

逆に自身で労働を使う手間が惜しい場合でもそこまで大きな赤字は出ないと思います。

例外的に需要が爆発して暴騰することもありますが、そんなものを待つぐらいなら他のものに資金を回したほうが良いでしょう。

 

狩りで直接手に入るアイテム

財布やガラクタボックスは労働を使うので労働力ポーションやジュエルの取引価格の影響をやや受けますが、労働力を使わずにそのまま使える旧大陸の金属箱未加工な合成石の結晶などがこのジャンルにあたります。

そこまで大きな相場変動はなく、単価も小さいので基本的に転売には向きませんが、強化された基本下着の実装のようなアップデート情報を事前に仕入れていれば実装直後に利鞘をとることができるでしょう。

 

トレジャーボックスの景品(装備強化系アイテム)

光るウェポン強化の書や太陽の幸運石などの等級強化アイテム、光るウェポンキューブや玲瓏なウェポンキューブなどのウェポンキューブ系アイテム、輝く赤光の魔石などの強化補助アイテムはハイリスク・ハイリターンの商材です。

トレジャーボックス登場時に相場が落ちるのでそのタイミングで買いが基本なのですが、トレジャーボックスには大抵入るので、相場が回復する前にまた供給されるようになることもあります。

どれもそれなりの価格がするので、資金プールが小さいうちに買うのはやや危険かもしれません。このジャンルに手を出す場合は1~2ヶ月寝かせることになったり、損切りすることもあることを覚悟しましょう。

 

トレジャーボックスの大当たり景品

ビタリスの翼などのグライダー系アイテム、ヴォルフガンB200などの乗り物系のアイテムがこれにあたります。

一回登場すると次に同じアイテムが出るまでにだいぶ間が開くので値上がりの可能性が高く、上手くいけば上がり幅もかなり大きいものの、ビタリスの翼のように殆ど間を開けずに登場することもありますし、単純に上位互換のものが登場しないともいえないので超ハイリスク・ハイリターンであるといえます。

商材として運用するなら資本金総額10万金ぐらいは欲しいところです。

 

運用バランスを考える

安く買えるチャンスがあると全資金を投入したくなりますが、一定量はゲーム内マネーで持っておきましょう。

急に入り用になった時に安くアイテムを放出せざるを得ず損をすることがあります。

資金の極少ない時期は1000金程度はゲーム内マネーで保持、運用資金が5万金程度になってきたら1万金程度はゲーム内マネーでもっておけば大抵の事態には対応できると思います。

あとは欲しいアイテムが何かあればそれに合わせましょう。

 

運用資金を減らしすぎない

イフニール装備や邸宅など、作るのにかなり大きな資金を要するアイテムを目指す場合は注意しましょう。

0金を1000金にするのと5000金を6000金にするのでは難易度が違います。

はやる気持ちはわかりますが、資本金が減りすぎるとお金を増やすのにより時間がかかるようになります。

運転資金は使い込まないようにしましょう。

 

 

最初は失敗して赤字になることもあると思いますが、ある程度慣れてくると地道に貿易などをするよりも少ない操作時間でお金が稼げるようになります。

この記事を読んだ皆様が上手く資金運用できることを祈っています。(棒読み)

 

ABOUT ME
hakly-teemo
ミスター・ゲーム脳。ゲーム攻略・北九州市内を食べ歩き・Amazonレビュー等がメインコンテンツになっていきます。 食レポ・レビューなど、依頼ございましたら「capt4in.teem02@gmail.com(@は半角で)」までご連絡下さいませ。