アーキエイジ(MMO)

東大陸カボチャカカシクエスト 麦わらカカシの4倍の面積を手に入れよう

麦わらカカシを手に入れたらカボチャカカシも欲しくなる所。

面積は一気に4倍になり、熟成特産品であれば同時に16個も作ることができます!

 

※クエスト開始の条件にレベル30があるのでレベルを上げておきましょう。

※貿易の仕様変更によりアーキエイジWikiのものとは手順が違うようです。

 

手順

その1 麦わらカカシクエストを終える

前回麦わらカカシを貰ったあとNPC2人と話すクエストがあるので、終わってなければ終わらせてしまいましょう。

 

その2 貿易案内人サヘルと話す

アイアンヘッド村の南にいる貿易案内人サヘルに話しかけます。

麦わらカカシクエストでお世話になった商人募集員の近くにいます。

 

その3 マハデビにいる住民会館管理人スーに話しかける

タイガースパイン山脈を離れ、タイガースパイン山脈の西に位置するマハデビの住民会館管理人スーに会いに行きます。

場所はマハデビの北西。かなりの距離があるので冥府の石で近くに飛べるなら飛んだほうが時間の短縮になるでしょう。

報酬のロバは色によって性能がかわるわけではないのでお好きなものを選んで大丈夫です。

ロバは荷物を持った状態での移動速度がやや早いペット。小型トラクターを手に入れるまではロバで特産品を輸送することになります。ついでに育てておきましょう。

番外編 ロバを育てる

この後に行う特産品の輸送を徒歩で行う、又はロバ系統以外のペットで輸送するとかなりの時間がかかってしまいます。

トレジャーボックスで車両を手に入れた、又はトラクターを作ってしまっていなければロバは育てておきましょう。

※水と成長の種を使います。雑貨屋と井戸の近い場所で行いましょう。

まず子ロバを置きます。置き方は農作物を植えるのと一緒です。

置いたらまずは可愛がります。Fキーを押すだけでいいです。

その次に成長の果実を要求されます。雑貨屋に成長の種が売っており、地面に植えて30秒で収穫できるのでついでに栽培しましょう。

成長の果実を与えてしばらくすると子ロバが一段階大きくなります。

大きくなると水が飲みたいと表示されるので、井戸で水を汲んで飲ませてあげましょう。

あとはFキーを2度ほど押せばロバが成長します。お疲れ様でした。

最後にFキーを押して回収すれば他のペットと同様呼び出して乗ることができます。

ロバの速度は4m/s。荷物を持った状態での徒歩の速度よりも早く、レベルを20まで上げるとニンジンを食べさせて移動速度を30%上げるスキルを覚えます。

 

その4 特産品 マハデビのお菓子を作る

※この手順からは1個1個に時間がかかるので時間がある時にしましょう。また、特産品の制作と納品に労働力が120必要になります。

特産品の一種であるマハデビのお菓子を作るクエストです。通常のプレイだとここが初めての貿易になるでしょう。

 

マハデビのお菓子は彼の左側にある特産品制作台で作ることができます。

材料は切れた野菜 50個とバナナ15個、デルフィナードの星1つと50銀です。

切れた野菜はキュウリやジャガイモ、ニンニクを雑貨商人で売っている練磨材:祝福の彫刻刀で加工して手に入れるほか、オークションで購入する手もあります。しかし、切れた野菜は基本的に1000個単位での取引が多いので自分で育てたほうが無駄がないと思います。

ジャガイモは成長が早いので適当な地面に植えて10分程度待てば手に入れられるのでオススメです。

※私はマハデビに自生しているキュウリを根性で集めました。

 

バナナも同様にオークションで手に入れられます。オークションに並ばない時間帯もありますので、その時はマハデビ南西に自生しているので取りに来るといいでしょう。全部刈り取られてたら待つか購入するしかありませんけどね。

 

 

荷物を作ったらサンライズ半島の納品所まで運びます。

かなり遠いのでなるべく時間のある時にしましょう。

 

 

サンライズ半島、オーステラの北のほうに特産品納品所はあります。ここまで輸送しましょう。

 

その5 交易品を西大陸に輸送する

※交易品の購入と納品に労働力が250、32.5金程度必要になります。あらかじめ用意しておきましょう。

 

あと一歩です。次の納品が完了すればカボチャカカシを手に入れることが出来ます。

 

しかし、投稿現在この部分の遂行がかなり難しくなっています。

理由としては交易品輸送の利率が良すぎる関係上人気が有りすぎるという点。

上で述べたように、交易品は32金程度と労働力250と生活ポイント300があれば80金近くのお金を手に入れられるという関係上とても人気のある交易路になっています。

つまり、交易品は制作され次第誰かによって輸送されてしまう事が多く、基本的に交易品販売員が交易品を売っていません。

2017年9月22日現在、交易品制作に不足しがちなのは熟成交易品。作成には汎用性の熟成棚と土地が必要で、汎用性の熟成棚を作るには麦わらカカシを改造した農夫の作業台か改良型カボチャカカシが必要になってきます。

汎用性の熟成棚をオークションで購入すれば麦わらカカシを設置したままでも熟成特産品を作ることができます。しかし、熟成には3日の時間を要する上に交易品の完成には熟成特産品を4つ要求されます。輸送手段が乏しい序盤においてこの個数を運ぶのはかなり骨が折れるでしょう。

 

たまに特産品納品だけして交易品の輸送をしないプレイヤーもいるにはいるので、交易品販売員を監視し続けていればそのうち交易品が手に入るかもしれません。どれぐらいの時間がかかるかはわかりませんが。

誰かが交易品を生成した瞬間に奪うのは辞めておいたほうが無難です。ツイッターで争点になる程度にはノーマナー行為です。

 

となると、実践上はどこかの遠征隊に入り、隊員に交易品を生成してもらうのが一番安定しそうです。

隊員次第ではありますが、最悪でも交易品輸送による利益を返却すれば協力してくれると思います。クレクレ君になるのは避けましょう。評判に関わります。

 

まとめ

石掘り用のサブキャラ単身で行ってきたカボチャカカシクエストは完了する事ができませんでした…。

皆さんは温かい遠征隊のもとでカボチャカカシクエストの制作を完了して見てください。私は交易品輸送が出来るようになるのを待ちます。

それもこれも交易品輸送だけがやたらと美味いのが悪い!

ABOUT ME
hakly-teemo
ミスター・ゲーム脳。ゲーム攻略・北九州市内を食べ歩き・Amazonレビュー等がメインコンテンツになっていきます。 食レポ・レビューなど、依頼ございましたら「capt4in.teem02@gmail.com(@は半角で)」までご連絡下さいませ。