アーキエイジ(MMO)

【ArcheAge】金策として熟練度をかんがえる その1

サムネ_725熟練度

時間経過や労働力ポーションによって増える労働力。

一部の例外(亡霊の箱開封など)を除いて労働力を使うことで熟練度が増えますが、金策として機能する熟練度を知らないと労働消化での効率的な金策は出来ないです。

 

今回は金策としての労働力の使用先を考えていこうと思います!

※バージョンはArcheAge3.5 継承準拠。相場はInochサーバー(7/25前後)参照

 

金策として見る”熟練度” 生産部門

畜産

主な畜産カテゴリの作業

・動物の飼育・解体

・各種肉から手入れした肉への加工

・熟成棚を貿易品に加工

 

1作業あたりの労働力消費が比較的高めなので熟練度による労働力消費削減の恩恵を受けやすいカテゴリ。

 

売り物になるのは主に手入れした肉生皮か。

現在の仕様では黒曜石防具の制作に革がいらなくなってしまったため、生皮の相場がやや落ちている。手入れした肉は1000個20金前後で変わらず。

 

イフニール革防具を作るのに生皮が万単位で必要になるので、イフニール防具が主流になり始めると恐らく供給が足りなくなると思われる。

黒曜石革防具は布やプレートと比較するとやや性能(オプション的な意味)で劣るのでイフニール革防具が主流になる可能性があるかも。そうすると恐らく暴騰するのでそれを見越して上げておくかどうかといったところ。

 

畜産は18万、23万で各種畜産用の畜舎を作ることが出来るようになる。温かい堆肥を大量に手に入れることが出来るのでかなり便利だが、オークション取引できる上に一回設置するとしばらく使えるため、自作する必要があるかと言われると困ってしまう。

 

農業

主な農業カテゴリの作業

・各種「農業」カテゴリ(米・とうもろこしなど)の採集

・各種農業カテゴリの作物から「破砕した穀物」「切れた野菜」への加工

・大草原の黄金畑の採集

 

農業は1作業あたりの労働消費量が少ないものが多い。

このため熟練度による労働力削減の恩恵をあまり受けない悲しさがある。熟練度を上げるのも大変だ。

 

熟練5万で体感できる程度にはツヤのある種の出現率が上がっている(と思う。)ので、米やとうもろこしを植えたくて仕方がないプレイヤーは上げるといいかもしれない。

 

農業熟練度を23万まで上げると品種改良された野菜種の束、品種改良された穀物種の束が作れるようになる。装備等による補正で上げるのではダメで、素で23万まで上げないといけないという話。

その2種から出る作物については不明。生活ポイントを使う作物も手に入るようだが、「ツヤのある種」の相場を考慮すると恐らく赤字・利益薄であると思われる。

 

交易品

交易所に特産品が一定数売却されると、
在庫を消費して生成される荷物型のアイテムです。

■各交易所で交易品に生成される特産品の在庫量

通常特産品 14個
住民専用特産品 8個
熟成特産品 4個

 

上記数量を全て満たしているときに、特産品を消費し貿易品が「2個」在庫として生成されます。
在庫数は各交易所毎にカウントされます。
交易品は交易所から購入する際は「交易品取引証明書」(生活ポイント300pで購入)と表示されたお金で購入します。
購入した交易品は「他大陸の交易所」か「フリーダムロード」へ売却でき、「他大陸の交易所」に売却した場合はお金を、
「フリーダムロード」に売却した場合は「安定したキール浄水」を獲得できます。
【注意】
自大陸の交易品は、自大陸の交易品交換先NPCへ持って行っても買い取ってくれません。
必ず他大陸への売却が必要です。

貿易の仕様が変わり、熟成棚特産品を含む各種貿易をしないとサーバーに安定した黒炭の粉が出回らなくなった。

まだ貿易の新仕様については検証していないが、イフニール装備製作に大量の安定した黒炭の粉が要求されるのでそれに関連してツヤのある種の需要は高まるかもしれない。既に安定した黒炭の粉の値段は4倍近く(80銀程度⇒3金程度)まで上がっている。

 

【Arche Age】農業白書(ツヤのある種)

汎用性の熟成棚制作に必要になる「ツヤのある種」。農業、しかもビニールハウス等を使わずにバラで植えないといけないとなかなか面倒です。そこで今回は品種ごとに「ツ…

 

採集

主な「採集」カテゴリの作業

・各種「採集」カテゴリ作物(キノコ・ツツジなど)の採集

・各種果樹(ぶどう・レモン等)の採集

・旧大陸等で栽培できる「輝くアーキウムの苗」の採集

・各種「採集」カテゴリの作物から「いぶした薬剤」「破砕した香辛料」「濃縮された果汁」への加工

 

旧大陸に土地をとって輝くアーキウムの苗を栽培していたら気付いたら上がっている「採集」。

輝くアーキウムの苗の採集は消費労働がそこそこ大きいため「農業」と比較すると飛躍的に熟練度を上げやすいカテゴリだと思われる。

 

輝くアーキウムの苗からの主な作物である各種アーキウムの粉はスパーキングビーチで遂行できるイリオン基地開拓のクエストに使うため相場が比較的安定しているように思う。

他にもレモンやオレンジ、ナツメヤシなどタイミングさえよければやや高く売れる作物もあるため、上手く相場を読んで運用したいところ。

 

釣り

主な「釣り」カテゴリの作業

・小物・大物釣り

・豊穣なる商人の池の採取

 

申し訳ないが私が豊穣なる商人の池でしか熟練度を上げていないため、小物・大物釣りでどれだけ儲かるかは知らない。

しかしいつ見ても釣りしているプレイヤーがいることを考慮するにそこそこ稼げるのだろう。エアプなのでこれ以上は触れないでおく。

 

伐採

主な「伐採」カテゴリの作業

・各種樹木(松・杉など)の伐採

・そびえたつ商人の巨木の伐採

 

伐採はそこそこ稼げるカテゴリだと思う。「落雷した木」の需要がそこそこ高いからだ。

が、自分の土地以外への植林(通称・脱税)に労働力を使わなくなったため、相場は下落傾向。相場を維持するためにはアーキエイジ全世界を回って脱税警察をするしかないだろう。つまり不可能。

 

丸太の需要に関してはどれだけのプレイヤーがイフニールを目指すかといったところ。片手杖、両手杖、弓と激戦区の素材だ。

数人が制作し始めるだけで市場の丸太は消し飛ぶだろう。計画性のないプレイヤーが制作し始めた場合は暴騰するのでその時が狙い目である。

 

採鉱

主な「採鉱」ジャンルの作業

・鉄鉱脈等の採掘

・ガラガラ音の商人採掘機の回収

 

これは私がカンストさせてるのでそこそこ詳しいジャンル。

 

もし採鉱を金策にしたいならカンストは必須。カンストさせないなら貿易をした方がマシ。

鉱物鑑別士になってしまえば使用労働力がそのまま稼ぎに直結するため、どれだけたくさんの労働力ポーションを飲めるかどれだけ安く労働力を手に入れるかどれだけ単調な作業に耐えられるかの勝負となる。

 

鉄鉱石を始めとした鉱石類の需要は増加傾向に見える。Inochサーバーでは鉄鉱石が一時期の2倍の価格(1個=7銀)に到達している。

労働力ポーションも暴落しているため、もし金策の一つにしたいならば今がチャンスといえる。カンストするまではまるで面白くないので、アーキエイジそのものに飽きないように注意しながらやろう。

 

あとがき

アーキエイジ3.5ではイフニール装備がどれだけ生産されるかというのが金策の要になりそうですね。1つ生産するのに大量の素材を要求されますし…。

すごく長くなりそうなので一端区切ります。次号乞うご期待。

 

 

ABOUT ME
hakly-teemo
ミスター・ゲーム脳。ゲーム攻略・北九州市内を食べ歩き・Amazonレビュー等がメインコンテンツになっていきます。 食レポ・レビューなど、依頼ございましたら「capt4in.teem02@gmail.com(@は半角で)」までご連絡下さいませ。