アーキエイジ(MMO)

【ArcheAge】金策として熟練度をかんがえる その2

サムネ_729熟練度その2

項目が多すぎて続いてしまったシリーズ。今回は制作カテゴリ編です。

※バージョンはArcheAge3.5 継承準拠。相場はInochサーバー(7/25前後)参照

その1はこちら。

【ArcheAge】金策として熟練度をかんがえる その1

時間経過や労働力ポーションによって増える労働力。一部の例外(亡霊の箱開封など)を除いて労働力を使うことで熟練度が増えますが、金策として機能する熟練度を知らない…

 

 

金策として見る”熟練度” 制作部門

金属・木工・皮革・裁縫

主な金属・木工・皮革・裁縫カテゴリの作業

・各種素材加工(各種鉱石・丸太・生皮・コットン・羊毛)

・武器・防具製作

 

大儲けはできないが、ある程度熟練度を上げていると余った労働力を消化する時に効率が上がる。

鉄のインゴットや木材などの1次加工材料は競合も多く、使用労働力の割に低価格でオークションに並んでいる場合が多い。

労働力が余っている or 熟練度を上げたい場合以外は他人が作ったものをオークションで購入するほうが安くあがるだろう。極稀に1次加工素材だけが暴騰していることもあるので購入時に軽く計算しておくのが吉。

 

イフニール武器・防具制作に熟練度が18万必要なため、上げていると代行業で利益が…、と言いたいところだが、材料が材料ゆえ依頼の頻度は低くメインの金策にはなり得ないだろう。

 

石工

主な石工カテゴリの作業

・石材加工(石材・冥府の石)

・幸運石の欠片の合成

 

岩石を石材に、石材を冥府の石にするぐらいの役割しかなかったが、いつの間にやら各種破壊防止魔石の製造に高い熟練度を要するようになった。(13万・18万・カンスト)

各種破壊防止魔石は取引量ほどさほどないものの利益幅は大きいので上げておく価値は多いにありそうだ。

 

武器

主な武器カテゴリの作業

・武器制作

・砲弾制作

 

今回のアップデートで熟練度上げの難易度が大幅に増したカテゴリ。

以前までであればデルフィナード、エアナード等級にあげられる冠詞を引くまで制作していたが、冠詞を選べるようになったので大量に制作する必要がなくなった。

 

徹甲弾が素材の割に高く取引されている時があるためタイミングを見計らえば儲けは出せそうだが、制作に熟練度の前提がなく使用労働力が少ないので今回の考察とは関係がないか。

 

イフニール武器に関しては木工と同程度の需要があると思われる。しかし、武器熟練度18万まで上がっているプレイヤーは少ないため競合はしないかもしれない。が、そもそも依頼が少なそうである。

 

工芸

主な工芸カテゴリの作業

・アクセサリー制作

・クレセントストーン制作

 

なかなか考察が難しいカテゴリ。最大の問題点はクレセントストーンがトレジャーボックスの景品になりがちなところだ。トレジャーボックスの景品になったものに関しては大抵作るより買ったほうが安い。

 

鉄壁や怒濤、疾風などのボス・ID材料必須のクレセントストーンはタイミングさえあえば利益を出せるので5万までは…、と言いたいところだが、工芸専用家具+万能制作台が設置してある公開された住宅(補正値最大20000)やアーキエイジプレミアム(補正値10000)、生活アバター(補正値10000)、暁露レザー装備(最大20000)などで熟練度5万まで補正をかけることは簡単である。

クレセントストーン製造で稼ぐならば熟練度上げに勤しむよりオークションで材料が安く出るのを探したほうがマシだろう。

 

錬金

主な錬金カテゴリの作業

・ムーンストーン、ムーンライト製造

・各種染料の製造

・各種ポーションの製造

・旧大陸の熱い強化石火鉢の回収

 

上げるというよりは気付いたら上がっているのが錬金熟練度である。装備製造の時の染料、強化石火鉢の回収で気づかぬうちに上がる。

何らかの理由で大暴落していなければ旧大陸で火鉢を育てていれば結構いいお金になる。

だが、投稿時ArcheAge4周年BOXの影響で大暴落しているので育てる前に強化石の相場は見ておこう。

 

染料に関しては熟練度により労働力消費量を減らしたことによる恩恵というよりは安定した黒炭の粉の相場次第なところがある。

 

ポーションはよく使われているランクのものまでは錬金特化住宅で誰でも作ることが出来る上に確率で2倍量製造出来てしまうため錬金熟練度による恩恵が少ない。

そしてポーション制作の労働力に関しては採集>>錬金の割合で使うことになるので、錬金というよりは採集の熟練度を上げたほうが労働力的な観点で見た時に恩恵が大きいだろう。

 

印刷

主な印刷カテゴリの作業

・各種強化スクロール制作

・魔法書・図書館用の索引制作

 

可能ならば5万までは上げておきたい熟練度。理由は光る強化スクロール制作のためだ。

こちらも工芸と同じ理由で補正はかけやすいが、印刷には専用家具がない分やや専門性が高くなるだろう。そして印刷上げにはそこそこお金がかかる。

 

自作できない&強化の闇に飲み込まれたプレイヤーがオークションの光るウェポン・プロテクトスクロールを買い占める結果、光る強化スクロールの価格>>幸運石+強化スクロール+アニャのインゴット価格となっていることが多々ある。

アーキエイジ世界のどこかで不幸になっている人を尻目にしっかり利益を出していこう。

 

機械

機械カテゴリの主な作業

・船舶装備製造

・各種機械部品製造

 

高い熟練度を要するものがない上に利益を取れる製造が思い当たらない。

もしあったらこっそり教えて欲しい。以上。

 

料理

料理カテゴリの主な作業

・各種料理の製造

 

よく使われているハッスルパン・元気回復のスープに関しては錬金特化住宅により制作が可能なので料理熟練度を上げる恩恵は小さいが、各種郷土料理の製造に熟練度10万を要する。

超強力なバフ効果があるものの、取引量自体は多くないので利益をとるという意味ではイマイチかもしれない。

 

まとめ

・制作部門で金策に直結してくるのは石工・印刷。

・金属・皮革・裁縫は余った労働力の消化先としては優秀。金策としては△。

 

利幅を取りやすい石工(補正込み13万、18万及び補正無しカンスト)・印刷(補正込み5万)ですが、それでもやはり利益を大きくしたければオークションとにらめっこすることになります。

素材購入⇒制作・販売ルートで稼ごうと思うならば、エクセルでの材料費計算ぐらいは出来るようになったほうがいいかもしれませんね。

ちなみに私は定期的に石掘りの利益額を計算しています。利益は企業秘密です。(?)

 

ABOUT ME
hakly-teemo
ミスター・ゲーム脳。ゲーム攻略・北九州市内を食べ歩き・Amazonレビュー等がメインコンテンツになっていきます。 食レポ・レビューなど、依頼ございましたら「capt4in.teem02@gmail.com(@は半角で)」までご連絡下さいませ。