タップタイタンズ2

【バージョン2.9更新】Tap Titans 2 アーティファクトリスト

Tap Titans 2で出現する全アーティファクト一覧、そしてそれぞれの能力や評論等をまとめてみました。

サルベージでアーティファクトを引き直す時の参考にしていただければ幸いです。

(ページが縦に長いので目次や文字検索を活用下さい。)

◎2018/4/09 バージョン2.7対応。
◎2018/4/20 スマートフォン閲覧時のレイアウト崩れ修正中(進捗60%)
◎2018/4/21 スマートフォン閲覧時のレイアウト崩れ修正完了
◎2018/7/07 バージョン2.8対応。
◎2018/8/03 バージョン2.9対応。

赤文字(下線付) …必須クラスのアーティファクト

青文字 …ステージ進行に大幅な力を与えてくれるアーティファクト

緑文字 …特定のビルドにおいて強力なアーティファクト

レリック増加系

Book of Shadows(影の書)

◎プレステージ時のレリック数増加

プレステージ時のレリック数が増加する最重要アーティファクト。
周回ごとのレリックの半分ぐらいを注ぎ込んでいくなど、バランス良く上げていくのが大事。
現在の仕様ではアーティファクト30番目に出現が保証されているので、とりあえず30個引くまでプレステージを繰り返してレリックを集めるのが吉。

ゴールド増加系

Book of Prophecy(予言の書)

◎全体ゴールド増加

どのビルドでも役に立つ全体ゴールド増加。しかしアップグレード費用が高いのが玉に瑕。
Tap Titans 2の計算は掛け算なのでバランス良くレベルを上げよう。

 

Heroic Shield(英雄の盾)

◎ボスゴールド増加

コストパフォーマンス良好。
Tap Titans 2のゴールド入手はボスかチェスターソンがメイン。
とりわけ、ボスは他のスキルやアーティファクトの存在なくとも確実に出現するので使いやすい。

 

Chest of Contentment(充足の宝箱)

◎チェスターソンゴールド増加

他にチェスターソンゴールドを上げる装備・スキルを手に入れるなら強力。
ただし、貴重なスキルポイントをふる必要があるのでそこは悩みどころである。

Make it Rain(黄金の雨)に効果が適用されるようになったので評価アップ。
アーティファクトの上限増加や装備のサブ効果でチェスターソン出現率が上がっているほか、8000ステージを超えるようになるとザコ敵の量が20以上でたりするので、オールゴールドやチェスターソンゴールドのビルドも悪くないかもしれない。

 

Stone of Valrunes(ヴァルリユーンズの石)

◎ベーシックタイタンゴールド増加
◎起動中のスキル1つ毎にゴールド増加

ザコ敵のゴールドなんてたかがしれているので不要。
ダイヤに余裕があるなら引き直しも視野にいれたくなる性能である。

もういらない子とは言わせない。
スキル全開放で進行するプレステージ直前に爆発的なゴールド増加をもたらしてくれる最強クラスのゴールドアーティファクトになった。

 

Zakynthos Coin(ザキントスコイン)

◎非起動時のゴールド増加

非起動時ゴールドが上がっても…といったところ。
それよりもたまに起動してスキルレベルを上げたミダスの祝福を使った進行をしたほうが良さそう。

 

Khrysos Bowl

◎スキル非起動時のゴールド増加

以前のStone of Valrunes枠がこちらに。要するにハズレ。
大抵どのビルドでもアクティブスキルを起動しながら進行することが多いので弱い。

 

Great Fay Medallion(フェイの雄大なメダリオン)

◎フェアリーゴールド増加

フェアリーゴールド依存にするならばといったところ。
鎧をAll Gold(全てのゴールド)にして、魔術師ツリーのMidas Ultimate(究極のミダス)、Fairy Charm(フェアリーチャーム)を強化すれば一応チャンスはあるかも。

 

Coin of Ebizu(恵比寿のコイン)

◎スプラッシュゴールド増加

天空落とし(通称HS)ビルドなど、ボスを貫通して倒せるビルドならば強力。
HSビルドもクランシップビルドも大量のスキルポイントを要求されるので、このアーティファクトが有効になるのはゲームをかなり進めてから。

 

Apollo Orb(アポロオーブ)

◎ペットゴールド倍率増加

バブルスとポーリーのゴールド倍率を上昇させるアーティファクト。
バブルス、ポーリーを引いたときの上昇率が上がるので有用なアーティファクトだが、アップグレードが高すぎる。
出来れば後半に引きたいアーティファクトの一つ。強いんだけどね。

適用される2種類のペット

 

Lost King’s Mask(王のマスクを失いました)

◎全てのアップグレードコスト削減(最大80%)

パッと見すごく強そうに見えるが、要するに最大レベルで全てのゴールド5倍ってわけです。
アーティファクト50番目以降の終盤に手に入れても倍率が低すぎてがっかりするので、手に入れるなら序盤が良い。
あと翻訳が流石にひどすぎる。

 

Staff of Radiance(光輝の杖)

◎ヒーローのアップグレードコスト削減(最大80%)

上と同様で、今度は適用範囲はヒーローのみ。
とはいえ、アップグレードするのは殆どヒーローだけなので、Lost King’s Maskとほぼ同じ効果といっても過言ではない。

 

The Master’s Sword(マスターズソード)

◎ソードマスターのコスト削減(最大80%)
◎ヒーローのタップダメージ増加(最大0.4%)

名前とアイコンはかっこいいが、能力は全アーティファクトでも最弱。
上2つと同様に最大でゴールド5倍分の価値しかないうえに、ある程度のレベルを超えるとソードマスターのレベルを上げることがなくなる。(ヒーローレベルを上げたほうがタップダメージも上がるため)
はっきりいって存在価値がない。

全く使えない子からそこそこ使える子に変化。
タップダメージ強化なのでクランシップビルド以外に適用されるダメージ系アーティファクトに様変わりした。
最大レベルまで上げると騎士のスキルツリーの騎士団(Chivalric Order)レベル6相当だ。

 

ダメージ増加系

Heavenly Sword(天国の剣)

◎全てのアーティファクトダメージ増加

どのビルドでも効果を発揮する強力なアーティファクト。
だが増加率が低く、アップグレード費用も高いので、序盤はあまり嬉しくないかもしれない。
いずれ必要になるし、アーティファクト画面でのダメージ増加は自身の成長を感じられるので持っておいて損はない。

この左上の数字のこと

 

Divine Retribution(天罰の剣)

◎全てのダメージ増加

Heavenly Swordと同様、どのビルドでも効果を発揮する強力なアーティファクト。しかもアップグレードはHeavenly Swordより安いし、上昇率も高め。

 

Drunken Hammer(酔いどれハンマー)

◎タップダメージ増加

クランシップ以外のビルドが強化される汎用性の高いアーティファクト。
そしてアップグレード費用がとにかく安い。つまり強い。

 

Samosek Sword(サモショークのソード)

◎ソードマスターダメージ増加

タップダメージと何が違うのかよくわからないが、こちらはクランシップとペットにはダメージが乗らないとのこと
あとアップグレードが高いらしい(持ってないから不明)

 

Axe of Muerte(ムエルテの斧)

◎クリティカル確率増加(最大20% 最大10%)

クリティカル率を上げるアーティファクト。シャドウクローンのダメージ(クリティカルが発生しなくても)もこれで上がる模様。
そしてアーティファクトダメージも全アーティファクトの中でトップクラスのレベル1あたり300%、初心者には嬉しいかも。

 

The Retaliator(Retalitor)

◎クリティカルダメージ増加

クリティカルダメージ増加は単純にクリティカルが発生した時だけじゃなく、シャドウクローン、ペット、クランシップ、天空落としにも倍率が乗る。
そしてアップグレードが安め。ダメージ系アーティファクトの中ではかなり優先度の高い逸品。

 

Hero’s Blade(ヒーローブレード)

◎全てのヒーローダメージ増加

ヒーローダメージ増加もThe Retaliator同様、シャドウクローン、ペット、クランシップ、天空落としに係数が乗る。
見守るものマヤムエルタをレベル1000にした後は、タップダメージにもヒーローダメージの一部が計上されるようになるので、どんなビルドでも持っておいて損はないだろう。
アップグレード費用もそこまで高くないので優先度は高い。

 

The Sword of Storms(嵐の剣)
近接系ヒーローダメージ増加


Furies Bow(憤怒の弓)
遠隔系ヒーローダメージ増加


Charm of the Ancient(古代の魔除け)
呪文系ヒーローダメージ増加

各攻撃タイプのヒーローダメージを上げるアーティファクト。
Hero’s Bladeとアップグレード費用は変わらず、上昇率はこっちのほうが良い。
進行状況に合わせてスキルレベルを上げよう。

 

Tiny Titan Tree(タイニータイタンツリー)
◎グランドヒーローダメージ増加

Helm of Hermes(エルメスのヘルム)
◎フライングヒーローダメージ増加

上の3つのアーティファクトと同じように、今度は地面に立っているか飛んでいるか。
こちらも上2項目と同様重要なアーティファクト。
全体的に見るとグランドヒーローのほうが多い印象だが、進行やビルドによって育成ヒーローが違うので一概にはいえない。

 

Fruit of Eden(エデンの果実)

◎ペットダメージ増加

序盤を乗り切り、中盤に差し掛かるころ誰もが恐らく通過するであろうペットビルド。そのペットダメージを強化するアーティファクトだ。
しかし、アップグレード費用が高いのが玉に瑕である。

 

Influential Elixir(影響力のあるエリクサー)

◎クランシップダメージ増加

クランシップの火力を上げるビルド。
一応クランシップ軽く触れておくと、クランシップはスキル取得次第でボスも貫通するスプラッシュ攻撃が出来るようになる。このため、ステージ進行がかなり早い。
スキルポイントやアーティファクト、装備が揃ってくると高速で周回できるようになるため採用者が多い印象。

 

O’Ryan’s Charm(オアーヤンのチャーム)

◎コンパニオンダメージ増加

天空落とし、ペット、クランシップ、シャドウクローンのダメージを上げるアーティファクト。
ある程度進むとビルドはこれら三種のどれかになるため、実質全てのダメージ上昇である。
アップグレード費用が高いのがやや悲しみ。

 

Heart of Storms(嵐の心)

◎ペットダメージボーナス増加

ペット16種類のうち13種類のダメージボーナスに倍率がかかるアーティファクト。
アップグレード費用はBook of Shadow(影の書)ほどではないとはいえ超高価だが、十二分にその価値はあると思う。
ちなみにスプラッシュダメージを上げるペットであるキットのダメージ倍率も上がる。

 

Avian Feather(鳥の羽)

◎非起動時のダメージ増加

初期状態ではまるで役に立たないアーティファクトだが、ペット、クランシップ、シャドウクローンビルドでは少しは役に立つアーティファクト。
このアーティファクトとサイレントマーチ、そしてローグツリーの3段目のスキルを合わせて非起動時のステージ進行数を増やせる。
倍率はかなりいいので、ある程度スキルポイントに余裕が出来てきたら周回を楽にするためのビルドを組んでもいいかもしれない。

 

Earring of Portara

◎スキル不使用時のダメージ増加

2.7.0で追加されたアーティファクト。
基本的にスキルを使用しながら進むゲームなのでKhrysos Bowlと同様ハズレといいたいところだが、ゲームを起動していないときのダメージが上がるのでスキルツリーのサイレントマーチを軸にしたビルドなら悪くないかもしれない。
同時に追加されたMystical Beans of Senzuもそうだが、どうみても某サイヤ人系漫画のアイテムである。

 

Corrupted Rune Heart(破損したルーンハート)

◎スプラッシュダメージ増加

スプラッシュ攻撃のダメージを上昇させるアーティファクト。
キットのレベルが全然足りない序盤はかなりありがたいアーティファクトではないだろうか。
そしてスプラッシュダメージといえば天空落とし(HS)ビルド、そしてクランシップビルドでも使える。
それぞれ使いこなすには途方もないスキルポイントが必要だが、完成すれば高速周回が可能。レリック集めが捗る。

 

Durendal Sword(テスト文字列1)

◎非ボスへのダメージ増加

いわゆるザコ敵相手へのダメージが増えるアーティファクト。
このゲームは基本的にどこのボスまで倒せるかというゲーム。
基本的にはとても弱いアーティファクトだが、スプラッシュダメージで×4が出せる範囲が増やせるので、中盤に差し掛かってから引ければは少しうれしいかもしれない。
でもやっぱりハズレである。翻訳にまでやる気がない。
ポーターがボスステージ以外で出現することから評価が上がっている模様。

ボスステージを離脱してザコ敵のみを倒してステージ進行するビルドが流行の兆しらしい。

ザコ敵のみを倒して進行するビルドが対策された。悪銭身につかずである。

 

Helheim Skull(Helheim スカル)

◎ボスへのダメージ増加

上のDurendal Swordと比べれば超有用なアーティファクト。
ボスさえ倒せればステージは進行できたも同然だからだ。
だが悲しいかなアップグレード費用が高いのでレリック効率はイマイチ。

 

Oath’s Burden(誓いの負担)(Ver. 2.9 New!)

◎ナイトブースト
→タップダメージ、ペットダメージ、炎の剣ダメージ増加

騎士ツリーにまつわるダメージを増加するアーティファクト。
天空落としビルド、シャドウクローンビルド、ペットビルドで役に立つだろう。
しかし、複合系アーティファクトはアップグレード費用が高めである。

 

Crown of the Constellation(星座の王冠)(Ver. 2.9 New!)

◎ウォーロードブースト
→全てのヒーローダメージ、クランシップダメージ、雄叫びダメージ増加

軍閥ツリーにまつわるダメージを増加するアーティファクト。
クランシップビルドにボーナスがモロ乗りするので、クランシップなら必須クラス。
それ以外のビルドでも全てのヒーローダメージと雄叫びダメージアップは無駄にならない。

 

Titania’s Sceptre(チタニアのセプター)(Ver. 2.9 New!)

◎ソーサラーブースト
→天空落とし、ミダスの祝福、シャドウクローンダメージ増加

魔術師ツリーにまつわるダメージを増加するアーティファクト。
天空落としビルド、シャドウクローンビルドなら優先的に欲しい。
他のビルドなら優先度は低め。

 

Fagin’s Grip(Faginのグリップ)(Ver. 2.9 New!)

◎ローグブースト
 →デッドリーストライク、非起動時ダメージ、非起動時ゴールド増加

ローグツリーにまつわるダメージ、ゴールドを増加するアーティファクト。
バージョン2.9で起動しないで進行するビルドがやや強くなったが、ポーターやスナップによるステージスキップが強力すぎるためイマイチ。
つまり、優先度は低め。

 

Ring of Calisto(カリストの指輪)

◎全ての装備倍率アップ

オーラ以外の装備の倍率の上がるアーティファクト。オーラの倍率が上がったら簡単にクリティカル率100%を突破できちゃうのでしょうがない。
装備4箇所にかかるので強力だが、アップグレード費用も超強力。
素で強い装備が出現する中盤以降、そして下の装備強化アーティファクトを手に入れた後に手に入れられたらステージ進行の助けになってくれるだろう。
(2018/4/20追記)
オーラの性能が変更されたため、全ての装備にかかるようになった。

 

Blade of Damocles(ダモクレスの刃)
◎ソード装備倍率アップ

Helmet of Madness(狂気の兜)
◎ヘルメット倍率アップ

Titanium Plating(タイタニウム プレーティング)
◎アーマー倍率アップ

Moonlight Bracelet(Ver. 2.8 New!)
◎オーラ倍率アップ

Amethyst Staff(アメジストの杖)
◎スラッシュ倍率アップ

それぞれ対応する装備の倍率を上げてくれるアーティファクト。
上昇率の割にアップグレード費用は高いが、どんなビルドでも使えるので手に入れておいて損はない。

 

Morgelai Sword(Ver. 2.8 New!)

◎ヒーローウェポン強化

ヒーロー武器を強化するアーティファクト。
1セット揃うまで効果を実感しにくいので優先度は低めか。
とはいえ、単純に火力が上がるアーティファクトは強力である。

スキル関連

Invader’s Gjallarhorn(インベーダーのギャラルホルン)

◎全てのスキル倍率アップ

上昇率は低くアップグレードコストも高いが最強候補のアーティファクト。特にシャドウクローンビルドにおいては顕著。
最大ステージ付近では自身のビルドに効果のあるスキルを全部発動して進行していくこのアーティファクトの存在価値は大きい。
下の6種のアーティファクトと組み合わせて倍率をとことん上げたいところ。

 

Titan’s Mask(タイタンの仮面)
◎天空落とし倍率アップ

Royal Toxin(ロイヤル毒素)
◎致命的な一撃倍率アップ

Laborer’s Pendant(労働者のペンダント)
◎ミダスの祝福倍率アップ

Bringer of Ragnarok(ラグナロクをもたらすもの)
◎炎の剣倍率アップ

Parchment of Foresight(予言の羊皮紙)
◎雄叫び倍率アップ

Elixir of Eden(エデンの霊薬)
◎シャドウクローン倍率アップ

それぞれ対応するスキルの倍率を上げるアーティファクト。
基本的にどれも強力。アップグレードが安い上に倍率の伸び幅も大きい。
特にParchment of Foresight(雄叫び)とLaborar’s Pendant(ミダスの祝福)の2つはどんなビルドでも効果を発揮するため、真っ先に手に入れたいところだ

 

Hourglass of the Impatient(せっかちの砂時計)

◎スキルのクールダウン短縮(最大80%)

便利系アーティファクト。
スキルを連打して進行する天空落としビルド(通称HSビルド)や、シャドウクローンビルド(通称SCビルド)だとクールダウン待ちのストレスを解消できる。
序盤においてはスキルを連打するマナ回復を確保できないのでハズレ。
強力なアーティファクトではあるが、出来れば十分に進行してから引きたい。

 

Phantom Timepiece(ファントムタイムピース)

◎全てのスキルの持続時間延長(最大30秒)

ダメージこそ上がらないものの、マナ効率がよくなるので周回においては嬉しい効果。
特にシャドウクローンビルドは天空落とし以外の全てのスキルを使用することで最大ステージを伸ばせるので、これがあるかないかでマナ回復の待ち時間が大きく変わる。

 

Forbidden Scroll(禁じられた巻物)
◎致命的な一撃の持続時間延長(最大60秒)

Ring of Fealty(忠義の指輪)
◎ミダスの祝福の持続時間延長(最大60秒)

Glacial Axe(氷河の斧)
◎炎の剣の持続時間延長(最大60秒)

Aegis(イージス)
◎雄叫びの持続時間(最大60秒)

Swamp Gauntlet(スワンプガントレッド)
◎シャドウクローンの持続時間延長(最大60秒)

Phantom Timepieceと同様、マナ効率がよくなるアーティファクト群。
使わないスキルのものはいらないと思われるが、アーティファクトダメージが地味に大きいので序盤に引いても案外困らないヤツら。

 

Infinity Pendulum(無限の振り子)
◎天空落としマナコスト削減(最大20)

Glove of Kuma(熊の手袋)
◎致命的な一撃マナコスト削減(最大30)

Titan Spear(タイタンスピアー)
◎ミダスの祝福マナコスト削減(最大40)

Oak Staff(樫の杖)
◎炎の剣マナコスト削減(最大30)

The Arcana Cloak(アルカナの外套)
◎雄叫びマナコスト削減(最大40)

Hunter’s Ointment(狩人の軟膏)
◎シャドウクローンマナコスト削減(最大40)

マナ削減6人衆。まずは汎用性の高いThe Arcana CloakとTitan Spearが欲しいところ。
ちなみに各種アーティファクトを最大レベルにするとレベル1のアクティブスキルが4マナで使えるようになる。つよい。

 

Ambrosia Elixir(アンブロシアのエリキシル)

◎マナ最大値増加(最大80)

読んで字のごとくマナが最大で80上がる。
Tap Titans 2というゲーム、最大マナを上げる手段が少ないので案外貴重なアーティファクトである。
魔術師ツリーにあるMana Siphonを採用するビルドなら、マナ最大値は結構ありがたい要素。

 

Mystic Staff(ミスティックスタッフ)

◎マナ回復増加(最大2.00)

たった「2」と侮るなかれ。マナ回復2はフラッファーレベル40ぶんに相当する上昇量である。
スキル全部使った状態から最大値までの回復時間を短縮できるので是非欲しい。
あと地味にアーティファクトダメージが大きいので初心者には嬉しいかも。(レベル1につき200%)

 

Oberon Pendant(Ver. 2.8 New!)

◎Manni Mana出現率アップ(最大+8.0%)

数少ないManni Mana出現率アップ手段。
初期状態だと討伐しても対してマナ回復しないが、SorcererツリーのManni ManaとRogueツリーのAmbushと合わせると強力なマナ回復手段となる。

 

Mystical Beans of Senzu

◎スキル使用時一部のマナを還元(最大10%)

使ったマナの一部(最大10%)が返却されるアーティファクト。
マナを大量に使うビルド、特に天空落としビルドではかなりありがたい。
どうみても仙豆です。本当にありがとうございました。

 

その他

Boot of Hermes

◎ポーターの出現率上昇(最大4%)

バージョン2.7.0の目玉アーティファクト。
ポーターというタイタンを倒すと50ステージ飛ばせるという最強すぎるアーティファクトである。
周回スピードが大幅に早くなるので是非はやいうちに欲しい。

 

Boot of Hermes(未結合のガントレット)(Ver. 2.9 New!)

◎スナップの出現率上昇(最大4%)

バージョン2.9で追加された新タイタン:スナップの出現率を上昇させるアーティファクト。
スナップは討伐すると以後50ステージの間、ステージの雑魚タイタンの出現数が半減するという効果を持つ。
ポーターほど強力ではないものの、ポーターが出現しないトーナメントの1週目にも登場するので進行スピードを上げてくれる力強い味方だ。

 

Lucky Foot of Al-mi’raji

◎確率系効果の割合上昇(最大10%)

2.7.0で追加されたアーティファクト。
StatsのAll Probabilities項目にある数値を全て上げるというなかなか優秀なアーティファクト。
特にMana Siphonの割合はこれでしか上げる術がないのでマナ回復をMana Siphonに依存する天空落としビルドを採用するなら早く欲しいところ。

 

Egg of Fortune(幸運の卵)

◎チェスターソン出現率増加(最大20%)

ザコタイタンの変わりにチェスターソンの出現率が上がる。
軍閥(Warload)スキルツリーのSpoils of Warやチェスターソンゴールドを強化する鎧と組み合わせて使おう。
All GoldかChesterson Goldの鎧を使っているなら強力。でなければアーティファクトダメージ要員である。

Spoils of War

 

Divine Chalice(神聖なる杯)

◎10倍ゴールド確率増加(最大50%)

10倍もゴールドが入るのか!と思うと少しうれしい気がするが、50%なので実質は5倍といったところ。
中盤以降であればゴールドアーティファクト1個あたりゴールドを数百倍、数千倍にするのが当たり前になってくるので、序盤に手に入れないと地味なアーティファクトになってしまう。

 

Invader’s Shield(侵略者の盾)

◎フェアリーの複数出現率増加(最大25%)

フェアリーが2体出現する確率をアップさせるアーティファクト。
フェアリー広告のゴールドはかなりデカく、スキル的にもMidas Ultimateで倍率が乗るので無駄がない。
また、フェアリーでアクティブスキルを起動できるので、フェアリーゴールドに依存しないビルドでも持っておいて損はないアーティファクトだ。

 

Essence of the Kitsune(キツネのエッセンス)

◎タイタンの複数出現率アップ(最大10%)

タイタンがまとまって出現する確率を上げるアーティファクト。複数出現する時は2~4体追加で出現する。
これはスプラッシュダメージによる複数撃破とは別扱いなので、一撃で9体撃破できることも。
ちなみにAxe of Muerteと同様アーティファクトダメージが300%。周回速度も上げてくれるので初心者から上級者まで嬉しいアーティファクトだ。

 

Aram Spear(アラムスピア)

◎タイタンのHP削減(最大80%)

全てのタイタンのHPを最大で8割削減する。つまり実質全てのダメージ5倍と同じ。
最序盤ならアーティファクトダメージが200%と高めなのでアリだが、後半レリックをM(百万)とかB(億)の単位を払って最大たった5倍は悲しげである。

 

Ward of the Darkness(闇のウォード)

◎ボスタイマー延長(最大60秒)

通常で30秒なので、最大レベルにすると90秒と3倍の時間を確保できる。
つまり3倍のダメージを用意できるというわけだが、ダラダラと90秒かけて倒すぐらいならプレステージして次の周回を始めたほうがマシ。

合わせて読みたい記事

あわせて読みたい
【Tap Titans 2】序盤欲しいアーティファクト一覧 Tap Titans 2でステージを大きく進めようと思ったらアーティファクトの開放が一番です。しかし、どれが強いかわかっていなけ...
ABOUT ME
hakly-teemo
ミスター・ゲーム脳。ゲーム攻略・北九州市内を食べ歩き・Amazonレビュー等がメインコンテンツになっていきます。 食レポ・レビューなど、依頼ございましたら「capt4in.teem02@gmail.com(@は半角で)」までご連絡下さいませ。