Youtube

【Aviutl】無料で動画用・ブログ用サムネイル画像を豪華に!

サムネ_816目立つ

ブログにしても、Youtubeなどの動画サイトにしてもまず最初に目に入るのはサムネイルタイトル。

 

ブログ・動画どちらも内容を見てもらい、良い悪いの評価をして貰わないことには始まりません。

少しでも目を引くように作って一人でも多くの方に見てもらいたいところです。

 

今回は無料動画編集ソフト「Aviutl」で画像編集をしていく方法について書いていこうと思います。

 

1.導入

まずはAviutlをインストールするところからです。

導入に関してはこちらのサイトが詳しいです。

AviUtlと拡張編集プラグインの導入方法【ダウンロード・インストール】

このページでは「AviUtl本体」と「拡張編集プラグイン」の導入手順(ダウンロードとインストール)について紹介します。※このサイトでは、 「AviUtl本体」 「拡張編集…

動画を作りたくなった方は入力・出力プラグイン等が必要になってきますが、今回は画像編集なので拡張編集プラグインまで導入できていればOKです。

 

2.準備

デスクトップ

Aviutlを起動し、拡張編集のウィンドウを出しておきます。

拡張編集のウィンドウが表示されない方は、Aviutlのメニューから設定⇒拡張編集の設定をクリックし、ウィンドウを有効にしましょう。

拡張編集プラグインの導入が上手く行っていない方は前項の1.導入に戻りましょう。

 

3.サイズの設定

使う目的によって最初にサイズを決めておきます。

Aviutlのメニューから設定⇒サイズの変更からサイズの設定をすることが出来ます。

 

Youtube用のサムネイルであれば1280*720(16:9)で作るといいでしょう。

一応1920*1080等16:9の解像度であれば黒帯が入ることはないようですが、1280*720で困ることはないと思います。

 

Twitterカードに使うサムネイルならば、大きいサムネイルなら4:3、当サイトのように小さいサイズを使うなら1:1のサイズで作ります。

当サイトを例にあげると、400*400(1:1)の画像をアイキャッチ画像に設定した場合はこういう風に表示されます。

 

サイズに関しては画像編集後に余白を切ることが可能ですので、ある程度大きめのキャンバスを用意しても修正は可能ですが、手間なので最初から設定しておくにこしたことはないでしょう。

 

ここで細かい設定をいくつか。

まずはAviutlのメニューより表示⇒拡大表示⇒WindowSizeをクリックしておきます。

これで大きめの画像を編集する際Aviutlのメインウィンドウのサイズに拡大・縮小されるので編集が楽になります。

 

また、Aviutlで画像編集をする際、画像や文字をたくさん組み合わせて1枚のプラグインを作るため、初期設定の拡張編集ウィンドウだと縦にかさばります。

拡張編集ウィンドウ上で右クリックをし、環境設定⇒レイヤーの幅の項目を小にしておくと編集時見やすいと思います。

 

※参考画像は次項、4.背景画像の準備まで終わっています。

拡張編集2 拡張編集3

 

4.背景画像の準備

ブロガー・イケダハヤト氏のような白地(無地)に文字というタイプのサムネイルならば不必要ですが、そうでないならば背景画像があったほうが華やかなサムネイルを作ることが出来ます。

何か使うものが決まっていればその画像を使ってもいいですし、なければフリーの背景画像サイトから拝借しましょう。

Bg-patterns 背景パターン配布&作成サイト

商用可能なパターン背景素材をフリー(無料)配布。自分でサイズや色などもカスタマイズできる機能を搭載!!

先程例に出したサムネイルにはこちらのサイトのものを使わせて頂いております。

ちなみに上記サイトの背景画像を使う場合は普通にダウンロードすると1枚が小さい画像になりますので、SPECIALカスタマイズからサイズやパターンのカラーを設定してからダウンロードしましょう。

5ac7761824181f40e694e415766a1cbc

 

「別に背景は無地でいいよ」という方は拡張編集ウィンドウ上で右クリックをし、メディアオブジェクトの追加⇒図形と進み、サイズの項目を作成画像の広いほうの幅より大きく設定すれば黒以外の無地の背景を作ることができます。(黒の場合は特に設定する必要はありません。)

拡張編集4
拡張編集5ちなみにこの画像の文字入れにもAviutlを使ってみました。単色のテキストより見やすいと思います。

 

5.画像編集(画像の配置・ルール)

さて、画像の編集を始めていきましょう。

 

基本的には好きな画像を自分のフォルダから拡張編集ウィンドウにドラッグ・アンド・ドロップ、好きなように配置していけばいいだけなのですが、Aviutlの拡張編集ウィンドウにはルールがあります。

 

それはLayerの数字が小さいほど奥に配置されるということです。

複数の画像やテキストを配置すると思いますが、数字の大きいレイヤーほど優先度が高いため、重なりがある場合は前にもってきたいものをレイヤー数の大きい(拡張編集ウィンドウでいうと下)に配置しましょう。

つまり「背景はLayer 1に配置しろ」ということですね。

拡張編集6画像は「いらすとや」様より

このように重なっていきますので、好きなように配置していきましょう。

 

6.画像編集(文字入れ・初級編)

サムネイルに使う画像ならば目を引くために文字が欲しいところ。

Aviutlは単純な文字入れだけでなく、文字を装飾することも可能です。

 

テキストの挿入には拡張編集ウィンドウを右クリック→メディアオブジェクトの追加→テキストと進み、テキスト[標準描画]ウィンドウの下部に文字を入れることでテキストがAviutlのメインウィンドウ上に表示されます。

ですが、テキストを入れるだけ、色の変更をするだけでは対して目立ちません。

※色の変更は4.背景画像の準備で行った図形の色の変更と同じ手順です。

 

そこで、文字を入れるウィンドウのそばにある「標準文字」をクリックして縁取り文字、影付き文字にしてみましょう。

黒に黒縁では意味がないので白文字・黒縁にしてみました。

拡張編集9

随分目立つようになったのではないでしょうか?

 

7.画像編集(文字入れ・中級編)

随分テキストを目立たせることができましたが、Aviutlの性能はこんなものではありません。

先程の文字をもっと目立つように加工していきましょう。

 

テキストのウィンドウの右上に「+」ボタンがあります。その中に文字加工に使えるものがいくつかあります。

拡張編集10

かなり多くの項目がありますが、大半は動画を作る際に使うものです。

 

今回は凸エッジを使ってみましょう。文字が浮かび上がるように見える加工です。

凸エッジをクリックし、追加される項目から幅の数値を大きくします。今回はデフォルト値4を15にしてみましょう。

拡張編集11

文字にやや立体感が出たのではないでしょうか?

 

縁取りも使いやすいです。

先程初級編で使った縁取りは一重でしか縁取りができませんが、こちらでは二重、三重とすることも可能です。

初級編で付けた縁取り文字を標準文字に戻し、縁取りを2回設定します。

拡張編集12

このままでは先程と大した変化がありません。

文字色を黒、2つある縁取りの項目の上のほうを白に変えてみます。

拡張編集13

黒・白・黒という二重の縁取りの文字を作ることが出来ました。

 

a9ac3b5016bb1ff10d78a18c4cde5586

影付き文字・凸エッジ無し・文字色と縁取りの色を違う濃さの色にすることによりグラデーションカラーにすることも可能です。

グラデーションにする場合は文字が太いフォントを使うか、凸エッジを外したほうが見栄えが良いかもしれません。色々と加工して試してみましょう。

 

8.出力

ペイント等の画像編集ソフトと違い、動画編集ソフトなのでこのまま画像を保存することはできません。少しひねった形になります。

画像のあるフレームを選択、Aviutlのメニュー→編集→現在のフレームの出力イメージをクリップボードにコピーと進み、ペイント等の画像編集ソフトにペーストし、保存することで作った画像を出力できます。

※余白がある場合、Windows10標準搭載のペイントであればペースト後メニューよりトリミングをすることで余白を消すことができます。サイズを調整したい場合もペイントで範囲設定をし、トリミングしましょう。

拡張編集14

 

サムネイル1

これで画像を出力することができました。

ですが、よくみると最後に編集した部分(今回であればテキスト部分)の周りに点線がついてしまっています。Aviutlは編集中の部分の周りに点線が表示されるようになっているのです。

 

なので、この点線の枠を取り外しましょう。

拡張編集ウィンドウの何もない部分を右クリックし、メディアオブジェクトの追加から適当なものを選択します。

そして画像とは関係ない部分に配置しましょう。今回は動画ファイルを追加しました。

拡張編集15

この追加した動画ファイルの部分をクリックし、現在のフレームの出力イメージをクリップボードにコピーすることで点線の枠を外すことが出来ます。

サムネイル2

ペイントで先ほどと同様、トリミングをして無事点線を外すことができました。

これで完成です。

あとがき

いかがでしたでしょうか。

この記事を読まれた皆様のブログ・Youtubeの動画などのサムネイルが華やかになれば幸いです。

また、テキストのフォントを選ぶことにより、もっと目立つものも作ることが出来ます。

#10 Morgana一例

これに関しては次回記事にするかもしれません。

 

ちなみにこちらは現在Youtubeに投稿中のLeague of Legendsの動画(Twitch.tvで配信したもののアーカイブ)に使ったサムネイルです。超弱小投稿者ゆえ、よければご覧になっていただけると嬉しいです。

きのこっちhaklylol

League of Legends、将棋、ツムツム等、思いついたのをやっていこうとおもいます!
ABOUT ME
hakly-teemo
ミスター・ゲーム脳。ゲーム攻略・北九州市内を食べ歩き・Amazonレビュー等がメインコンテンツになっていきます。 食レポ・レビューなど、依頼ございましたら「capt4in.teem02@gmail.com(@は半角で)」までご連絡下さいませ。