書籍

「やりたいこと」を見つけるには「やりたくないこと」を知れ!

「やりたいことはなんですか?」「将来の夢はなんですか?」という質問に答えるのって案外難しくないでしょうか?

「やりたいこと」を明確にできている人ってあまりいないように思います。

私が先日読んだ本のなかに、「やりたいこと」をシンプルに見つける方法が載っていたので、このやりかたを共有したいと思い、記事にしてみました。

created by Rinker
¥1,404
(2018/11/17 11:23:43時点 Amazon調べ-詳細)

まずはやりたくないことを知る

昨日読んだ本に書いてたことのまんま受け売り。

まず、やりたくないことを明確化する。

やりたくないことを明確にしてから、やりたいことを考える。

このプロセスを経ることによって、自分の潜在的な願望を引き出せるようになるようです。

せっかくなので私のパターンでやってみたいと思います。

人生舐め腐ってると思われるかもしれませんが、私が最も嫌いとすることは”仕事”です。

単に仕事と言っても、案外出勤してしまえば苦痛じゃなかったりするので、具体的に仕事をなぜやりたくないのかを考えてみます。

  • その日の体調がどうであっても、定時に出勤しないといけないこと
  • 出勤するための準備、通勤の往復時間を考慮すると1日1時間ぐらいは無駄になること
  • 1日8時間はだいたい立ったままなので、やたらと足が疲れること
  • 思いつきをそのまま考察・行動にうつせない・うつしにくいこと
  • 自分だけがやる気になっても周りをついてこさせないと数字にしにくいこと

多分掘り起こせばいくらでも出てきそうですが、キリがないので一旦切り上げ。

 

この中でも特に苦痛なのは、仕事があるたびに生じる無駄な1時間でしょうか。

世間の平均と比べると自宅と職場の距離は近めであることを考慮しても、毎回出勤前にシャワー浴びるなど身支度を整えて通勤を往復すると1日1時間ぐらいは必要になってきます。

1日1時間、月に22勤務ぐらいあるので月22時間なんと年間264時間

年間264時間も浮けば、私のような遅筆なブロガーでもリサーチ含めて50本以上は記事程度は記事を仕上げることが可能。
別にブログでなくても、それだけの時間があれば英語の勉強をしたり、楽器の練習をしたりすることができます。

やりたくないことがわかれば、やりたいことの外枠が見える

まずは「やりたくないこと」を書き出してみました。

私が考えたやりたくないことを元にして、私がやってもいいと思っている仕事を考えるとこのようになります。

  • 体調が悪い日は休める
  • 毎日の出勤時間は0
  • 立ち仕事じゃない
  • 思いついたらすぐ行動できる
  • 自分だけやる気になればOK

これを見るに、在宅で出来る個人事業が向いてるような傾向が見えてきました。

在宅でできる個人事業といえばブロガー、YouTuberなどがあるでしょうか。
毎日固定の出勤が嫌なだけなので、リモートワークが出来るならそれもよさそうです。

何故いきなり「やりたいこと」から考えないのか

「やりたくないこと」に比べて、「やりたいこと」って意識して設定しないと漠然としがちだからです。

例えば「年収1000万欲しい」って考えても、年収1000万を達成する手段って「とある○○という会社に勤め、成績を上げ、昇給で到達する」以外にも沢山ありますよね。

別に自分で企業立ち上げてもいいし、YouTubeに動画投稿して人気になれば1000万を超える年収だって理論上は可能です。困難ではありますが。

 

それに対してやりたくない事はすごく限定的にしやすいです。

私の場合スタートは「仕事」全般と設定しましたが、じゃあ「仕事」の何がやりたくないかを考えるとスムーズに掘り下げることができました。

何故スムーズに考えられるかといわれると、「自分がやって嫌だったから」という経験があるからです。

やりたいことって未経験じゃないですか。
私手取りで年収1000万ぐらい欲しいって常々思ってますけど、その数字に到達したことが人生で一度もありませんし、周りにもそんな人はいまのところいません。

経験や知識さえあればそれに向きあうことも可能です。

だからまずは自分自身に経験のある「やりたくないこと」から考えるのが良いってことですね。

created by Rinker
¥1,404
(2018/11/17 11:23:43時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
hakly-teemo
ミスター・ゲーム脳。ゲーム攻略・北九州市内を食べ歩き・Amazonレビュー等がメインコンテンツになっていきます。 食レポ・レビューなど、依頼ございましたら「capt4in.teem02@gmail.com(@は半角で)」までご連絡下さいませ。