小倉グルメ

五臓六腑に染み渡る鶏の滋味。小倉・紺屋町 水炊き・肴の「なが田」

最近少しずつ肌寒い日も増えてきましたね。

友達と水炊きの話題になったので話の種にと、小倉は旦過方面、紺屋町にある水炊き・肴の「なが田」さんへ行ってきました。

体の芯まで染み渡る鳥のダシが楽しめる、水炊きが美味しいお店です。

 

 水炊きは初挑戦

わたくし、恥ずかしながら福岡県に長いこと住んでいながら水炊きなるものを食べたことがありませんでした。

お鍋というとモツ鍋であるとか、キムチチゲであるとか、どちらかというと味の濃いタイプのものを食べることがに終始。今回が水炊き初挑戦となります。

結論から申し上げますと、水炊き最高でした。

 

水炊きのお作法

今回は水炊きコース2200円を2人前注文。3人で来たんで、本当は3人前としたいところでしたが、ここに来る前に少し別の所で食べてきたため、店員さんにお願いして2人前にしてもらいました。

 

水炊き初心者ですから、やはりここは教えに倣って食べるに限ります。

まずはお鍋がひと煮立ちするまで、前菜盛り合わせを食べながら待機。

ほうれん草の胡麻和えに、鴨のロースト、卵焼きにごま豆腐などバラエティーに富んだ前菜を楽しみます。

右から二番目のあさりのわさび漬けかな?これが美味しかったです。

お鍋がひと煮立ちしたら具材を入れる前に鶏のスープを賞味。

黄金色に輝くコラーゲンたっぷりの鳥のスープに、海藻の入った塩を入れて味わいます。

 

これがなかなか素晴らしい。他のお鍋のように直接的に美味しいといったのとは少し違います。こう飲むたびにじわ~っと体に染み渡る感じ。「あっ、鶏のダシだ」というのはすぐにわかります。当たり前ですけど。笑

 

鶏のスープ単体を楽しんだら、鶏のミンチを投入した後、野菜もイン。

具材はお野菜に春菊に水菜、キャベツに長ねぎ。えのき、しめじ、椎茸の三種のきのこ、豆腐にマロニーと言った感じでした。椎茸が見るからに肉厚。キャベツを入れるのは和風のお鍋にしては比較的珍しい気がします。

甘くて美味しいですよね。お鍋のキャベツ。

 

ダシが出ているかしわも頂けます。歯ごたえがあって美味。鶏皮もぷるぷるしてます。コラーゲンの塊ですねこれは。

骨ごと切っているので骨の欠片にはちょっとだけ気をつけたほうがいいかもしれないですね。ガリッとしそうになりました。

 

今回は軽めの夕食にするつもりでしたが、お鍋がとてもいい感じだったので、鶏のたたきも注文しちゃいます。

私、鶏のたたき大好きなんですが、お店によって当たりハズレ大きいんですよねー。この値段でこのボリューム、味なら大満足です。表面の香ばしさもGood。

 

やっぱりですね。お鍋のキャベツいいですよ。とっても甘いです。

鶏ミンチは軟骨入りのコリコリしたもの。期待を裏切りません。

 

具材をあらかた食べ終わったら〆へ。

このお店の〆はおじや、ちゃんぽん、そうめん(!?)から選べます。オススメはそうめんとのことなので、勧められるがまま注文しちゃいました。細いそうめんに鶏のスープと野菜の甘みがあわさり、なかなか乙ですね。

そうめんを食べたあとのスープがこれまた絶品。鶏の旨味と野菜の甘さ、ポン酢の酸味が合わさった三位一体。具材の一つ一つもさることながら、最後のスープが一番の御馳走だったかもしれません。水炊きの真髄はこのスープではないでしょうか。

 

まとめ

水炊き初挑戦は程よい満腹感と幸福感をお土産にすることができました。滋味あふれる具材達、そしてスープ。追加で頼んだ鶏のたたき。どれもとても美味しかったです。

このお店は刺身もオススメだそうで。今回は注文できませんでしたが、次回は是非チャレンジしてみたいですね!

 

店舗情報

店名:水炊き・肴 なが田

営業時間:17:00~23:00

住所:福岡県北九州市小倉北区紺屋町8-16 麻布ビル1F

アクセス:旦過駅より徒歩4分 平和通駅より徒歩7分 小倉駅より徒歩10分

ホームページhttp://kitakyushujapaneserestaurant.com/

ABOUT ME
hakly-teemo
ミスター・ゲーム脳。ゲーム攻略・北九州市内を食べ歩き・Amazonレビュー等がメインコンテンツになっていきます。 食レポ・レビューなど、依頼ございましたら「capt4in.teem02@gmail.com(@は半角で)」までご連絡下さいませ。