レシピ

【激ウマ】甘辛タレがご飯にあうサーモン海鮮ユッケ丼

最近刺身の「さく」を買ってきて包丁で切る。という、なんともよくわからない趣味が出来まして。休みのたびに刺身のさくを買ってくる日々が続いております。

刺身をそのまま食べるのも当然美味しくはあるのですが、せっかくなので以前試したツイッター飯【丼】ツイッターで見かけたサーモン漬け丼をちょっとアレンジしてみようじゃないかと思いついた次第でございます。

今回は甘辛のタレがご飯にあう、簡単で美味しいサーモンユッケ丼のレシピを紹介したいと思います。

 

サーモンユッケ丼手順

手順というほどすることはないんですが、タレのレシピなど書いていきます。

 

サーモンを薄切りにする

だいたい5ミリくらいの厚さにします。幅が広かったので真ん中で切ってから薄切りに。

もう既に美味しそう。醤油をつけてそのまま食べたいところですが、ぐっと我慢です。

 

ユッケのタレを作る

板前が作る 本格お魚料理レシピ こちらのサイトを参考に材料を準備。

  • 醤油 大さじ2
  • ごま油 大さじ1
  • にんにくチューブ 3センチぐらい
  • コチュジャン 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1

にんにくは生か瓶の刻みニンニクがあるならそっちのほうが風味と口当たりはよくなりそうです。普段うちでにんにくはあまり使わないので今回はチューブのニンニクにしました。

レシピと調味料の量が違いますが、混ぜてから味見しながらバランスを整えましょう。

今回は丼にするので、味見の時点でやや味が濃いぐらいが丁度いいと思います。

 

サーモンにユッケのタレをなじませる

作ったユッケのタレをサーモンの薄切りになじませていきます。

めんつゆ漬けのときと違い、タレはコチュジャンを入れてドロっとしていますのでスプーン等でなじませていきましょう。裏面も忘れずに。

すぐにご飯に乗せてもいいですが、私は20分程度放置してタレをサーモンになじませました。

 

丼に盛り付ける

丼にごはんをよそい、ユッケのタレをなじませたサーモンと卵黄をドロップ。ネギをまぶして完成です。

タレの照りと卵黄、ネギのコントラストが食欲をそそりますね。

 

実食・感想

私としては冒頭に紹介したサーモン漬け丼よりもこちらのほうが好きです!

やはり甘辛いものはご飯に合います。ごはんの量を考えるともうちょっと多めにタレを作ってもよかったかもしれません。

 

ABOUT ME
hakly-teemo
ミスター・ゲーム脳。ゲーム攻略・北九州市内を食べ歩き・Amazonレビュー等がメインコンテンツになっていきます。 食レポ・レビューなど、依頼ございましたら「capt4in.teem02@gmail.com(@は半角で)」までご連絡下さいませ。