ブログの話

ブログの記事の書き方がやっと見えてきた。文章はテーマの分解と再構築によって生まれる。

Engin_Akyurt / Pixabay

今までブログを書きたいが考えがまとまらない、文章にならないと悩んできました。

このブログでここまで65記事、前のゲームのブログで170記事書いてきましたが、どうもピンとくるものが無く、書いては消し、書いては消しを繰り返してきました。

 

そしてある書籍に出会い、やっとブログの書き方についてある程度の方向性が見えたように思います。

 

それは

テーマの分解・連想・再構築

です。

 

テーマを分解・連想・再構築する

まずは記事のテーマを考えます。

例えば「ブログでお金を稼ぐ」とか、このサイトのメインコンテンツだと「アーキエイジでお金を稼ぐ」といったところでしょうか。テーマはなんでも良いです。書きたいと思っているものでもいいですし、ツイッターのタイムライン上で見かけたネタでもいいでしょう。

 

そして、そのテーマを

  • なぜ?
  • それで?
  • 本当に?

というフィルターにかけます。

 

この際、いきなりワードプレスの投稿画面に書き出すのではなく、一旦メモ帳などに書き出しましょう。出来れば紙面で。箇条書きでOKです。

 

「なぜ?」は、なぜそのように思い至ったのか、と自分に問いかけるステップ。

そのテーマを思いついた原因、それに至る自分の思想などを引き出していきます。

 

「それで?」はそこからどうしたいのか?その先に何があるのか?を考えるステップ。

「そのテーマにはどんな目的があるのか。果たして意味があるのか」を書き出していきます。

 

「本当に?」ではテーマや自分の考えを否定してみます。

「本当にそれで正しいのか。成功するのか」など、一旦考えを戻して広い視野でものを見れるようにします。

 

感覚としては連想ゲームです。テーマについて「なぜ?それで?本当に?」で、ポンポンと関連するキーワードを引き出してそれをメモしていきましょう。

この段階でキーワードがやや文章めいた形式になってくると思います。(ex.○○は△△したい、本当に□□は××なのか?)

 

あとはそれを元に文章を構成していくだけですね。分解・連想しているうちに結構な文量になりますので、そこにあるキーワードを組み合わせるだけでもそれっぽい文章になってきます。

 

何故わざわざ回り道してメモ帳に書き出すのか

Alexas_Fotos / Pixabay

そもそもブログは自分の思考が文章化したものです。

まずは自分が何を考えているかを確認しないといけません。その際、頭の中だけで思考すると大抵ループに陥って結論がでなくなることもしばしば。

一旦紙面上に自分の思考を吐き出し目視で整理することで、思考がループするのを避け、効率的に思考を進めることができます。

 

そして、思考を外に吐き出し目視できるようになったら、更にその思考を元に掘り下げることができます。

自分の思考を元に次の思考へと移っていくので、段々と出てくるワードに自分色がでてきます。

私のような特段才能があるわけでないブロガー初心者がいきなり文章を書き出すと、どうしても形式を気にして表面的で無難な、面白みのない文章が生まれやすいです。

一旦回り道をして自分の思考に素直になる。まず世間様に見せることを想定せずに紙面に吐き出すことが文章の深みを出していく重要なポイントになると思います。この深みこそがブログの個性になってくるのではないでしょうか。

 

また、元のテーマについて理解がなかったり、実はそこまで興味がなかった場合、フィルタリングの段階で気付くことが出来ます。

この場合は下調べをして自分の知識を充実させる作業に戻るか、そもそも記事を書くのを取りやめるかになりますね。

 

この方法だと時間がかかりすぎるのでは?

JESHOOTS / Pixabay

ブロガーの大御所(?)イケダハヤト氏なんかは自身の著書でまとめ記事ではない軽め記事は15分程度で書き上げる。と語っていました。

この方法では15分で文章が書き上がることはありません。下手すると普通に記事を書くよりも時間がかかってしまうでしょう。

 

 

しかし焦りは禁物です。相手は何年も文章を書き続けた人です。同じスピードで同じものを作れるわけはありません。

そして、記事の作成に悩むような初心者がいきなり文章を作っても、支離滅裂になったり主題がぼやけたりするのは当たり前のことです。

まずは時間をかけてでも、自分の思考をまとめ、その思考を更に掘り下げ、全体像を把握するのが大事なのではないでしょうか。

 

そして、慣れればこういう思考も早くなっていくものです。

私はこの手法をするに至ってからそこまで経っていないので時間がかかりますが、日々繰り返せばだんだんと身につき短時間で思考をまとめられる日がくるかもしれません。

更にはこういう記事を書くのにも15分程度しかかからなくなる日がくるかもしれません。

結局楽して進んでも自分のスキルにはなりにくいものです。まずは土台を築くところからですね。

 

まとめ

ぼくの最強のブログの書き方

  1. テーマを決める。
  2. 紙面に書き出す。
  3. テーマについて「なぜ?それで?本当に?」で連想ゲームをする。
  4. 更に紙面に書き出し、そこから更に思考を深めていく。
  5. 出てきたワードを元に文章化する。

レビュー記事や攻略記事、紹介記事といった何かを紹介するタイプの記事の場合、これだけでは記事の形にならないでしょう。しかし、記事を構成する要素の一つとして役立ちますので覚えておいて損はないと思います。

ちなみにこの記事もこの考え方を元に実際に紙面に打ち出してから作りました。笑

 

 

冒頭に出てくる書籍はこちらです。

 

ちなみにこの著者の方は電通のコピーライターで賞を何度もとっている方。まさに言葉で飯を食う方ですね。

この領域に達するには生半可な覚悟ではだめでしょう。近づくことすら敵わないかもしれません。

しかし、この本に書かれていることの一部でも自分の力に出来れば、このてもログ!はもっとより良いものになると信じています。

 

ABOUT ME
hakly-teemo
ミスター・ゲーム脳。ゲーム攻略・北九州市内を食べ歩き・Amazonレビュー等がメインコンテンツになっていきます。 食レポ・レビューなど、依頼ございましたら「capt4in.teem02@gmail.com(@は半角で)」までご連絡下さいませ。